スモモの剪定

 

スモモの花芽と葉芽の区別が付くようになったので、
開花前の最終剪定を行いました。

剪定に際し、最近発行されたスモモの教本
(平成24年12月発行)を参考にしましたが、

同書の記述のように育てていると木が大きくなり過ぎて、
当園のスペースでは不都合が生じそうです。

そこで今年は、全く自己流ですが、次のような方針で、
我家のスモモ2本の剪定を実施しました。

①花芽のない枝は付け根から切り取る。

   ②花芽付きの枝は、花芽の先で切り落とす。

 

[参考書]

IMG_1608a.jpg 
 

[貴陽]

IMG_0002a.jpg 
 

[バイオチェリー]

IMG_0011.jpg 
 

この結果、総ての枝先には花芽が付いた状態になり、
樹形も比較的コンパクトになりました。

 

しかし、このような剪定をすると、
今後、多数の徒長枝が発生する事が予想されますが、

開花後、結実の状況を見ながら、適宜剪定していくつもりです。

 

なお、前記の参考書によりますと、

スモモの栽培の最大の課題は受粉であるように書かれており、

確実な受粉方法を確立するのが先決であるとも思います。

 

 

 

スポンサーサイト

月山錦(桜桃)

 

ネット上では、月山錦の結実収穫が難しいとの事ですが、

何が問題なのかを確認するため、

2年生花芽付き苗を平成23年12月に購入し植付けました。

 

但し,この苗木(樹高1.2m)は花芽を多数付けてはいるが、
2年生にしては、主幹の直径が10mm前後、

最大の枝の直径は5mm程度の不健康な苗で、

多分、矮性台木に高接ぎし、成長抑制処理されたものと思われます。

[月山錦(現状)]

IMG_1044.jpg

[月山錦(結果枝]

IMG_1046.jpg 
 

昨年は、受粉・受精しても、結実収穫まで果実が育つかどうか

危ぶまれましたが、最終的には、10数個結実し、

収穫まで育ったのが3個という結果でした。

[昨年の結実状況(平成24年6月)]

IMG_0960_convert_20130223145701.jpg

 

今年の状態は、昨年無理に結実させたためか、

昨年に比べ、殆ど成長していません。

(各枝先は0~80mm程度の伸び)

しかし、各枝と短果枝の付け根部は1割程度は

太くなっているような気がするので、

今年は5個以上の果実が収穫出来れば上出来と思われます、

 

上記の様な虚弱苗では、

今後もまともな収穫が望めないので、

昨年3月に急遽、棒苗を購入し植付けました。

[月山錦(平成24年3月植付け)]

IMG_1043.jpg

 

こちらは、順調に成長し、植付け後1年で、

側枝数8本、主幹の直径35~40mmとなり、

前記の花付き苗の3倍以上の太さになりました。

今年の開花は望めませんが、

来年から月山錦増産の戦力になればと期待しています。

 

 

節分草

 

3年程前に岡山県英田町の群生地の
直売所でポット苗を購入した節分草です。

当初は2株だけでしたが、
3年で10株前後に増えてきたようです。

  IMG_0002.jpg

 

また、節分草のポットの中に、
野草の小苗が偶然入っていたので、

これも地植えしました。

 

IMG_0005.jpg    
 

直売所の人の話では、アマナのようで、

節分草の培養土の中にアマナの球根か種子が
混ざっていたのではないかと思います。

小苗の数はかなり増えたのですが、
まだ花が咲いたのを見たことがありません。

今年も花が咲きそうにないと思われます。

 

ダイコン

 

今、畑に植わっているダイコンは、
昨年9月に種から育てたもので、
12月頃より少しずつ収穫しています。

IMG_1408.jpg  

IMG_1409.jpg  

  

また、ダイコンは煮物・漬物の他、

自家栽培のユズを利用した「ユズ大根」や、

千切りにし天日干しにした「切り干し大根」等

色々加工して利用しています。

[ユズ大根 ]

 IMG_1440.jpg

 

[切り干し大根 ]

IMG_1438.jpg  

 

 

我家の柑橘類

 

柑橘類はユズとスダチのかなり古い木があります。

いずれも、料理用に重宝しております。

一方、生食用は20数年前に植えた
数本の温州ミカンの木を更新中です。

 

[ユズ〈30~40年生〉]

 IMG_1052.jpg

 

[スダチ〈20~30年生〉と温州ミカン]

IMG_1055x.jpg  

 

その他、デコポンと金柑があります。

  

[デコポン〈7・8年前に植付け〉]

IMG_1067x.jpg 
 
 

[金柑プチマル〈平成23年植え付け〉]

 IMG_1049.jpg  

 

殆ど無農薬栽培のためか、

昨年は、ハモグリバエと

コナカイガラムシの被害が甚大でした。

今年はこれらの害虫駆除に力を入れようと思います。

 

 

 

 

タマネギ


 

タマネギは病害虫に強く、比較的育てやすい野菜です。

播種・植付け時期をずらすことにより、

現在3種(左からA,B,C)のタマネギが育っています。

 IMG_1410.jpg 

 

Aは昨年9月上旬に苗を購入し植付けたものです。

昨年末より少しずつ収穫し料理に使用しています。

  

BおよびCは昨年9月末に種から育てたもので、

Bが早生種、Cが普通種です。

早生種Bの方が、やや成長が早いようです。

 [ タマネギA ]

IMG_1419x.jpg


 

 

イチゴ

 

我家のイチゴは、
毎年、量は僅かですが12月に収穫出来ます。

収穫後、冷気〈外気〉にあて、

先週末に、追肥を与えマルチングしたところです。


IMG_1401x.jpg  

IMG_1402x.jpg  

IMG_1404.jpg

また、イチゴについては

毎年、2~3品種を育て、
味比べをしています。

今年は、数年前から勝ち残っている「章姫」と、

昨年来、苗を増殖してきた

「とちおとめ」の2品種となります。





 

 

 

桜桃の幼木

 当園で収穫した桜桃は自家消費の他、
毎年、知人・友人に配っておりますが、

珍しいためか、好評で、
数量増加を求められています。

年間10kg程度の生産量では、
このような需要に対処できないので、

数年前に、新たに苗木を追加購入しました。

  

[紅秀峰(平成22年12月植付け)]
IMG_1036.jpg

 [紅きらり(平成22年12月植付け)]

 IMG_1037.jpg

 [さおり(平成22年12月植付け)]

 IMG_1038x.jpg

 

上記の3本のうち、昨年(平成24年)には、

紅秀峰で10個、紅きらりで3個収穫出来ました。

 

[紅秀峰の結実〈平成24年6月撮影)]

IMG_0964_convert_20130209162613.jpg  

 今年は3年目で生産量増加にはあまり寄与しませんが、

各樹2桁の収穫を目論んでいます。

 

また、ネット上では
「地植えより鉢植えの方が早く結実する」
と言う風評が多いですが、
植え方・植え場所にはあまり関係ないように思います。

 

スタークリムソンも2年で花芽らしきものが見られます。

 

[スタークリムソン〈平成23年12月植付け)]

IMG_0006.jpg  

 

なお、スタークリムソンは、

桜桃が5月に収穫出来れば良いのにと思い

昨年急遽導入したものです。

 

 

 メジロ

 

自宅の庭の楓の枝に自家栽培の果実

(主としてカキと柑橘類)を刺しています。

すると、色々な小鳥がやってきます。

一番頻繁にやってくるのはメジロとヒヨドリです。

 

     [メジロ]

 IMG1232x.jpg

IMG_1213x.jpg 
 

両者とも果実は自分の物と思っているらしく、

熾烈な争奪戦を繰り広げていますが、

ヒヨドリの方が圧倒的に優勢で、

いつも、ヒヨドリの勝利に終わり果実を独占します。

そこで、ヒヨドリが果実に近づくと、
家人が追い払うことにし、
これを何回も〈何日も〉
繰り返しているうちに、

ヒヨドリは人間の姿を見るとあわてて逃げるようになります。

その結果、最終的には、人がいない時はヒヨドリが、

人が見ている時はメジロが果実を啄ばむようになります。

この状態が、毎日夜明け前から夕方まで続き、

あたかも、メジロとヒヨドリが自宅の庭に
住み付いているようです。

 


また、メジロが庭に常時いると、
通りすがりの野鳥達も
安全な場所と認識するようで、

メジロ以外にも色々な種類の野鳥が
自宅の庭にやって来ます。

      [ジョウビタキ]

IMG_1226.jpg 

写真はメジロを撮影中に、少し離れた所にいた野鳥です。

ハナイカダの小枝にとまっています。

 



 

 

 

 

3年程前に下記の2種類の栗の木を植えました。

いずれも渋皮の剥離し易い品種のようです。

 [白栗]

 白栗

 

[ポロタン]

ポロタン  

  

昨年、「白栗」を5~6個収穫しました。

結構大きく甘くて香りの良い味であり、

新茶・新米ならぬ新栗を9月に食べられる事は、

自家栽培ならでのメリットと感じました。

 

一方、「ポロタン」は台木部分の外皮のほぼ全周が、

害虫に齧られ瀕死状態でしたが、

この1年でようやく回復し、今年は初結実が見られそうです。

 




  柿

 

当園には、30~40年前に植えた西条柿と富有柿があります。

いずれも毎年500個以上の実がなります。

西条柿は干し柿に、富有柿に生食及び小鳥の餌にしています。

 [ 富有柿(手前)/西条柿(後方) ]

IMG_1054.jpg 
 

特に、干し柿は好評で、毎年知人からのリクエストが多く

数量不足気味の状態が続いています。

そこで、5年程前に西条柿をもう1本植付けました。


  [ 選抜西条(平成20年植付け) ]

IMG_1053.jpg 
 
 

非常に実付きのよい品種で、

毎年、実を多く成らせすぎるため、

木は一向に大きくなりません。

 







桜桃について

 

我家には、10数本の桜桃がありますが、

収穫の主力は、写真の手前からナポレオン、
佐藤錦1・2・3の4本です。

桜桃1 

いずれも、10~15年生で、
昨年はこの4本で約1500個
(10kg程度)の収穫がありました。

[ナポレオン]

桜桃4 

[佐藤錦2]

桜桃5 
 


 なお、桜桃の収穫には、雨よけ・鳥よけ対策が必須です。

 樹高を高くすると設備が大掛かりになるので、
樹高が極力2m以下になるように
枝の剪定と誘引に苦労しています。

この作業は現在進行中で2月中には終了予定です。

[枝先の様子]

桜桃2 

さらに、植付け後10~15年経過した木に
暖地桜桃があります。

[暖地桜桃]

桜桃3 


数年前より、この暖地桜桃の花粉を人工授粉に
使用することにより桜桃の結実が安定しました。

[暖地桜桃の花芽]

桜桃6  

 
この暖地桜桃は樹勢が弱いためか、
無剪定でも枝は毎年5~10cmしか伸びません。

枝の先端が葉芽で、先端部以外は
総て花芽という状態を毎年繰り返しています。







 

スモモの現状




我家にはスモモの木が3本あります。
写真手前が「貴陽」で右後ろが「バイオチェリー」です。

スモモ1 

いずれも植付け3年目の若木で2年間は殆ど無剪定でしたが、
昨年秋に思い切った剪定・枝抜きをしたつもりです。
しかし、まだ徒長枝が多く残っているように感じられます。
ただ、2年枝には昨年に比べ結構多くの花芽が付いており、
また、昨年数個ずつですが、結実収穫出来たので、
今年は、二桁の収穫を期待しているところです。

2スモモ

しかし、両樹とも収穫期が8月であること、
桜桃の収穫後、スイカやトウモロコシが食べられるようになるまで、
即ち7月に収穫出来る果実が無いことに気付きました。
そこで、スモモの極早生種「帝王」を急遽植付けました。

スモモ3 

結果が出るには3年後ですが、これで桜桃の収穫後、
スモモ、スイカ、ブドウ、クリ、イチジク、ナシ、カキ、ミカン等、
年末まで種々の果実の収穫が繋がることとなると思います。







続きを読む

テーマ : 果樹栽培・畑作・稲作
ジャンル : 趣味・実用

我家のイチジク

挿木4年生のドーフィンで、現在樹高150cm位です。
この樹で秋には50個以上の果実がとれると思われます
イチジク1

実は、もう1本幹の直径が10cm以上の(ドーフィン20年生位)があったのですが、
昨年末に引き抜き処分しました。
「需要量以上に生産しても意味がない」と言うのが我家のポリシーであり、
若木のほうが味が良いと思ったからです。

イチジク2
写真がかなり不鮮明ですが、
夏果の赤ちゃんを極力残すように剪定したつもりです。この樹で10個位の夏果が獲れそうです。




プロフィール

tomoki

Author:tomoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC counter
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
フリーエリア
FC2拍手ランキング
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
フリーエリア