ラズベリーの芽動き




 

昨年来、古枝の整理以外、


殆ど手入れをしていなかった


我家のラズベリーですが、


春の訪れと共に、


芽が勢いよくのびだしました。


 

      [黄実種]

143_4037.jpg 


 

      [赤実種]

143_4035.jpg 

143_4038.jpg 
 



ラズベリーは、


収穫は6月頃ですが、


桜桃の収穫が終わり、


果実の収穫が途絶える時期に、


収穫出来る貴重な品種です。

 

 




スポンサーサイト

バイモの花盛り


 

花盛りと言っても、

バラやチューリップのように、


上向きに花が開かないので、


派手さはありませんが、


庭のバイモが、


沢山の花を付けています。



264_0045.jpg 
 

264_0046.jpg

 

264_0036.jpg


 

なお、バイモの別名は、


「網笠百合」ですが、


花の内側の模様に、

由来しているそうです。

 

 




ジャガイモ



 

2月末に植付けたジャガイモです。


 

植付け後、マルチの下で発芽し、


先週にマルチに穴を、

開けたばかりですが、


緑色の葉も展開し、


ジャガイモらしい姿になってきました。




143_4021.jpg 

143_4018.jpg 

143_4019.jpg 

 


 

収穫は5月の終頃ですが、


このまま、

順調に育って欲しいものです。







ミツマタ



 

春の訪れを実感する季節となりました。


 

今年も我家の庭のミツマタも、

華麗に咲き誇っています。


 
143_4016.jpg 

143_4013.jpg 

143_4015.jpg

 

 

ミツマタの花は、

ラッパ状の小さい花の集合体ですが、


星の形をした濃い黄色い

小さい個々の花が特徴的です。

 

また、木の幹も、

3本に分かれて成長するのも、

この木の特徴のようです。

 






スモモの開花



 

我家の3本のスモモが、


一斉に開花しました。



      [手前―バイオチェリー、奥―貴陽]

143_3993.jpg 
 

       [帝王]

143_3996.jpg 
 

 

昨年は10数個の「貴陽」と、


数個の「バイオチェリー」を収穫しました。


 

今年も、昨年並みの収穫を期待しています。



143_4000.jpg 

143_4003.jpg 

 

特に、「帝王」が初収穫出来れば、


ラッキーと思っています。




イワヒバの蘇生




 

当地では、昨夜から、


雨が降り続いています。


 

この雨を利用して、


冬の間、仮死状態であった、


園芸種のイワヒバの、


蘇生を行っています。


 

40年以上前から、


殆ど手入れをしていないので、


生育状態は余り良いとは言えません。


 

143_3986.jpg

 

143_3987.jpg


 

143_3990.jpg


 

なお、地植えの野生種

(写真上から3枚目)は、


2月の終頃から、自然に蘇生し、


元気に成長しているようです。

 




梨の花芽




 

すっかり春らしい気候になり、


我家の梨の芽に、


変化が現れ始めました。


 

植付け4年目の、


「幸水」と「豊水」です。


 

昨年より4~5日遅い芽動きです。




143_3966.jpg 

143_3971.jpg 

143_3983.jpg 

 

 

昨年は前記の2本の木で、


10数個を初収穫しましたが、


今年も昨年以上の収穫を、


期待したい所です。




ラッパ水仙


 

約30年前に家を建て替えた時に、


畑に移植した庭の水仙の球根が、


畑のあちらこちらに広がり、


増殖したものです。

 


143_3954.jpg 
 

143_3952.jpg


143_3953.jpg 

 

水仙は、家の庭よりは、


一日中、日光が当たる畑の方が、


元気に育つようです。

 




沈丁花



 

沈丁花の花が

咲き始めました。


 

特徴的な香りが、


庭に広がっています。


 

143_3945.jpg

 

143_3946.jpg

 

143_3949.jpg

 


 

秋に咲く金木犀とは少し違う香りで、


春の訪れを感じさせてくれる風情です。

 

 




ブルーベリー



 

昨年の秋に植付けた

ブルーベリーですが、


植付け後、殆ど変化無しの


状態が続いていましたが、


春の訪れと共に、


芽が少し膨らんできました。


 

    [スパルタン]

143_3938.jpg  

    [チャンドラ]

143_3937.jpg  

 

    [ビッグボーナス]

  143_3936.jpg

 


3本共、サザンハイブッシュ系の品種です。



植付け後、分かったことですが、


サザンハイブッシュ系は、


冷涼地向け品種であり、


当地のような温暖な気候で、


うまく育つのか少し心配です。






椿の枝変わり




 

我家には1本の木に、


3種類の花が咲く椿があります。


 

元々は、紅白の覆輪咲きの

有名品種だったのですが、


10年程前から、

赤色の花が咲き始め、


数年前からは、

白色の花が咲くようになり、


1本の木で、

3種の花が見られるようになりました。



143_3925.jpg 

143_3927.jpg 

 143_3930.jpg

 

3色の咲き分け状態を維持するため、


花の咲いている時期に、


整枝、剪定をすることにしています。

 



春蘭




 

1週間前には全く姿が見えなかった


春蘭の花芽が伸び出してきました。

 

我家の春蘭は、

花茎の長さや花弁の大きさ等、


個体差があるように思います。


 
143_3924.jpg 

143_3920.jpg

 

143_3917.jpg



 

間もなく、

春蘭の花が開き、


いよいよ春本番と、

言うところでしょうか。

 

 




暖地桜桃の開花


 

昨年より2~3日遅れの開花ですが、


先週の低温状態から,

急に気温が上昇したためか、


一気に多数の花が開き始めました。


 

例年、桜桃やスモモの人工授粉用に、


この暖地桜桃の花粉を利用しています。



143_3914.jpg 

143_3910.jpg 

143_3912.jpg  



 

昨年の夏に、

大部分の葉を落としたため、


今年の開花数は例年以下ですが、


何とか必要量の花粉は、


確保出来そうです。

 




 

カタクリの芽生え


 

このところ、

暖かい日が続いていますが、


その為か、我家の庭のカタクリが、


次々と地表に姿を現し始めました。


 

蕾付きの個体も見られるようです。


 

開花が待ち遠しい季節となりました。




143_3900.jpg 

143_3898.jpg


143_3903.jpg 

 

 

カタクリの花は、

ヒヨドリに、好まれるようで、


毎年、ヒヨドリの食害にあっています。


 

そこで今年は、


鳥除け対策をしようかと思う次第です。

 





桜桃の花芽




 

約10日前の

石灰硫黄合剤の散布により、


木全体が真っ白だった桜桃ですが、


まだ白色の枝に対し、


花芽の方は先端部から、


色付いてきました。


 

花芽はしっかり活動し、


成長しているようです。



         [ナポレオン]

143_3874.jpg 

       [佐藤錦]

143_3878.jpg 

       [月山錦]

143_3888.jpg 

 

 

開花は、約3週間先と思いますが、


今年はどれだけ収穫出来るか、


楽しみな季節となりました。

 

 




イチリンソウの芽生え

 



節分草に続き、イチリンソウが、


庭のあちらこちらに、


姿を現し始めました。


143_3863.jpg 

143_3869.jpg

143_3867.jpg 


 

開花は、まだ先ですが、


何も生えていない場所に、


山野草が次々と芽を出してくると、


いよいよ春近しと、


実感する季節となりました。







たまねぎ

 

我家の畑では、

現在4種類のタマネギが育っています。



    [タマネギ①]

143_3854.jpg

昨年9月初旬に、

苗を植え付けたものです。


間もなく、収穫可能と思います。



 

    [タマネギ②]

143_3858.jpg

9月に種を播き、

11月に定植した早生種です。


5月頃から収穫可能となる筈です。



 

    [タマネギ③]

143_3860.jpg

タマネギ②と同時期の

播種・定植の普通種です。


早生種に比べて成長速度が遅いようで、

7・8月の収穫予定です。



 

    [タマネギ④]

143_3861.jpg

年末に、近所の方から苗を頂き、

急遽植付けた赤玉品種のようです。


タマネギ③より、

さらに成長が遅いようです。


 


 

タマネギは、収穫後、半年以上の、

保存・貯蔵が可能ですので、


以上の4種で、

年間自給が可能ではと、

目論んでいます。






暖地桜桃の開花目前


 

最近、急に春らしい気候になり、


我家の暖地桜桃の木が、


全体的に赤味を帯びて来ました。


 

白色の花弁も膨らみ始め、


花梗の伸びと共に開花する事でしょう。



143_3850.jpg 

143_3843.jpg 

143_3849.jpg 

 

今日の様な気候が続けば、


2~3日後には一斉に開花する筈です。



今年は、夏に葉を落としたため、


開花数が例年より少なそうですが、


何とか5千個程度の花が、

受粉用に確保出来そうです。

 






リトープスに変化の兆し



 

3月になり、

我家のリトープスの一部に、


変化が見られるようになりました。

 

 

     [微紋玉]

143_3805.jpg  


昨年の暮頃から割れ目が、


目立つようになりましたが、


最近は、この割れ目がさらに、


肥大しつつあるようです。

 

 

     [紫褐紫勲]

143_3806.jpg  


上面中央に穴が開いてきました。

 

 

 

      [窓富貴玉]

143_3807.jpg  


上面中央部から割れ始め、


穴の中が見えるようになってきました。

 

 

昨年の秋に入手して以来、


微紋玉を除いて殆ど変化がなく、


枯れてしまうのではと、


心配していましたが、


少なくとも上記の3種は、


無事に冬を越せたようです。

 





月山錦④(桜桃)の剪定





植付け場所が狭いので、


将来の樹形をどうするかと、


迷っていました月山錦④を


ようやく剪定しました。


 

枝の2/3程度に切り戻すのが一般的ですが、


あえて、枝の付け根から11芽で切り戻しました。


 

その結果、2m近くあった樹高が、


1/4程度なりました。



        [選定前]

143_3796.jpg



        [剪定後]

143_3800.jpg

143_3802.jpg 

 

 

徒長枝の先端近くで切り戻すと、


枝の付け根付近に、

枝葉が出来難いので、


11芽残しの剪定となりました。


 

なお、11芽は「一本棒三年枝栽培法」


で推奨されている方法ですので、


それを参考にした次第です。

 







クリスマスローズ





 

10年以上前に、


2~3株を庭に植えた、


クリスマスローズですが、


繁殖力が非常に強く、


庭のあちらこちらに群生しています。



 

143_3790.jpg


143_3794.jpg 

143_3793.jpg  

 

 

園芸品種が勝手に増えて、


春蘭やカタクリ等の山野草の


増殖域を圧迫しつつあるのが、


我家の庭の現状です。

 


そろそろクリスマスローズのような、


園芸品種の整理をせねばと思っています。

 





イチゴのマルチング





 

5月の収穫のため、マルチングをしました。


「章姫」と「とちおとめ」の2品種です。


 

植付け量は、昨年と同じ5畝ですが、


今年は冬にかなり多量に、

果実を生らせたためか、


やや成長が遅れ気味です。




143_3779.jpg 

143_3783.jpg 

143_3782.jpg 


 

それでも、

もう花が咲き出している株もあり、


これからの成長が楽しみです。

 





サザンカの開花


 

我家の庭には昔から

1本のサザンカの木があります。



椿に比べ成長力が弱く

存在感の少なくサザンカですが、


今年も、ようやく咲き始めました。



寒椿に比べて遅い開花です。




143_3769.jpg 

143_3773.jpg 

143_3770.jpg 


 

 

昨年は毛虫に大部分の葉を

齧られたようですが、


今年も例年通り

多数の花蕾を付けているようです。

 





桜桃の接木




 

桜桃の誘引・剪定作業も終盤ですが、


桜桃の芽動きが始まる時期となり、


急遽接木をする事にしました。


 

数年前から準備していた実生の暖地桜桃の台木に


今年は、紅秀峰と3L佐藤錦を接ぎました。


 

143_3753.jpg


143_3760.jpg 

143_3766.jpg  


 

あと一カ月もすれば、


接木の活着状況が分かりますが、


昨年は5月頃に、


活着したばかりの穂木部を、


誰かに蹴飛ばされて、


多数の苗木が枯れました。


 

今年はしっかりガードする必要があり、


その対策を考慮中です。

 



 


ナポレオン(桜桃)の枝の誘引・剪定




 

ナポレオンの誘引・剪定がようやく終わりました。


 

佐藤錦①②と同じ15~6年生のナポレオンですが、


5年程前に殆ど細根がない状態で植えかえたため、


植付け後数年間は、樹勢が衰え、

枯れそうな状態でしたが、


昨年あたりから、

元気を取り戻してきたようです。



143_3744.jpg 

143_3751.jpg 

143_3747.jpg 
 


 

今年も、昨年並みの、

雨除け・鳥除け装置の中に収まりそうです。



今年も、果実を目一杯生らせ、

果実の味はともかく、


樹の養分が、新枝の成長に、

極力向かわせないような、

育て方をする予定です。






節分草




 

昨年に比べると1週間遅れですが、


我家の節分草が満開となりました。


 

葉の背丈に比して、


大きな特徴のある花を、

咲かせています。



143_3739.jpg 

143_3737.jpg 

143_3734.jpg  



 

例年、我家の山野草の中で


節分草が一番早く開花します。


 

その後、各種の可憐な山野草の開花が続き、


春の息吹を感じさせてくれる季節となりました。

 






プロフィール

Author:tomoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC counter
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
FC2拍手ランキング
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
フリーエリア