ネジバナの開花


 

鉢植えのネジバナが、


次々と花穂を伸ばし、

咲き始めました。


 

花穂が上方に伸び出すと共に、


花穂の下の方から花が咲き始め、


上方に順次咲き上がっていくようです。



146_5511.jpg 

266_0134.jpg 
 

266_0132.jpg 


 

我家のネジバナは、


昨年に比べ少し弱り気味です。


 

そろそろ、植替え、


鉢増しの時期のようです。

 

 





スポンサーサイト

柿の結実


 

我家の3種の柿が結実し、


今年の収穫量を想像出来るようになりました。



 

植付け4年目の「選抜西条」は、


昨年並みの収穫量を見込めそうです。


146_5492.jpg  



 

生食用の「富有柿」は、


例年より実付きが悪いですが、


我家の需要を満たすには充分です。


 

今年も大部分が野鳥の餌になりそうです。


146_5497.jpg 


 

樹齢50年以上の「西条柿」は、


冬に木の下で焚き火をした為か、


例年の1/3程度の実付きです。


146_5507.jpg 

 

 

以上、生食用の柿は兎も角、


今シーズンの干し柿は、


知人に配布していた分が、


かなり少なくなるものと思われます。

 



2種類の大豆



 

我家は、毎年、2種類の大豆を育てています。


 

5月に種を播いた「白豆」は順調に生育し、


そろそろ、収穫時期を迎えます。



 

一方、「黒豆」は先週、種を播き、


やっと発芽した段階で、


来週には、畑に定植する予定です。




146_5453.jpg 

146_5459.jpg 

146_5474.jpg 


 

大豆は「枝豆」として、


ビール等のつまみに最適ですが、


市販の枝豆の大部分は、


東南アジヤからの輸入品だそうです。



 

国産品とは、味と値段が違うので、


「枝豆」は自給品に限ると思っています。







デコポンの結実


 

昨年は殆ど収穫できなかったデコポンですが、


開花から1カ月以上経過した現在、


「デコポン①」が20個前後、


「デコポン②」で約15個の幼果が、


枝先に残っています。


 

今年は、収穫まで無事に、


育って欲しいものです。




146_5434.jpg 

146_5445.jpg 

146_5439.jpg 
 


 

現在枝に付いている幼果全てが、


収穫出来るとは思えませんが、


今年こそ、久々に自家製デコポンが、


食べられるのではと、

期待しています。

 






ブルーベリーの現状




 

昨年秋に植付けたブルーベリーですが、


実が色付いて来ました。


 

「スパルタン」と「ビッグボーナス」の2種ですが、


両者共、木の大きさの割に、


果実を多数付け過ぎた為か、


果実の大きさは小さめです。


 

    [スパルタン]

146_5427.jpg 

 

 

    [ビッグボーナス]

146_5430.jpg 


 

 

そろそろ、収穫の時期ですが、


ブルーベリーは一枝の果実が、


一斉に熟するのではなく、


次々と色付いてくるので、


畑仕事の合間に摘み食いするには、


丁度良いのではと思います。

 

 








マスカットオブアレキサンドリアの様子


 

マスカットオブアレキサンドリアの結実状態は、


2倍体や4倍体ブドウと少し様子が違うようです。



一房当たりの果実の数が非常に多く、


小さな実がぎっしりと付いているのが現状です。




146_5414.jpg 

146_5409.jpg 

146_5415.jpg  

 

 

マスカットオブアレキサンドリアは、


一房の花数が非常に多く、


さらに、その結実率が非常に高いようです。


 

今の時期に、慌てて摘果しても、


手遅れの様な気がします。


 

開花時に花の数を,

調整するべきであったと、


反省しています。

 




ラズベリー


 

我家の2種のラズベリーの、


購入時に付いていたラベルが見つかりました。


 

赤実種が「インディアンサマー」、


黄実種が「ファールゴールド」のようです。


 

また、ラベルによると、


この2種で、7月上旬から9
月下旬まで、


断続的に収穫出来そうです。

 


146_5407.jpg 

146_5395.jpg 

146_5401.jpg




しかし、6月の今、両品種共、


収穫可能な果実が枝先に出来ており、


少し違和感を抱く次第です。

 






落花生の開花


 

5月の連休中に、

種を播いた落花生ですが、


ようやく、葉が畝一杯に拡がり、


花が咲き始めました。


 

「普通種」と「大粒種」の2品種ですが、


今の状態では、

外見上、殆ど差が有りません。




146_5374.jpg 

146_5379.jpg 

146_5373.jpg 

 

 

今年も秋には、


自家製の落花生を、

食べる事が出来そうです。


 

落花生の味、特に香りは、


自家製に限るものと思います。

 

 


花筏の結実



 

花筏は受粉率が良いようで、


雄花の花粉が、どのようにして、


運ばれるのかは分かりませんが、


殆どの雌花が結実しています。


 

結実状態を横から良く見ると、


実は葉の表面に付着しているのではなく、


葉の上面から、少し持ち上がっているようです。



266_0125.jpg 

266_0129.jpg 

146_5364.jpg 

 

なお、緑色の葉の上に、


丸い実を付けるという特異な形態は、


一部の愛好家に珍重されているようです。


 

 





キュウリの開花、結実



4月に植付けたキュウリが、


順調に生育し、

花を咲かせ、実を付けています。



間もなく、

収穫期を迎える事となるでしょう。




146_5338.jpg 

146_5341.jpg 

146_5344.jpg 


 

なお、これから、8月頃まで、


我家の食卓には、アスパラガスに代わり


毎日のように、キュウリが登場します。

 

市販のキュウリに比べ、


新鮮で味が良いのが救いですが・・・。


 

 

 






月山錦①の異変



 

今年不作の月山錦①ですが、


来シーズンの花芽が形成されつつあります。


 

しかし、株もとを良く見ると、接木部分から、


元気の良い新しい枝が発生していました。


 

台木の枝か、穂木の枝なのか、


微妙なところですが、


葉の付け根の粒状の部分の色が白いので、


月山錦の枝だと思いますが、


これが赤色に変われば、台木の枝と思われます。



146_5317.jpg 

146_5325.jpg 

146_5329.jpg 

146_5337.jpg 

 

なお、月山錦①は、

今年は、僅か1個の結実でしたが、


収穫し、試食しました。



糖度17.5度ですが、

酸味の少ないので、
甘く感じられますが、


個人的には、少し酸味が残る時期に、


収穫する方が良いのではと思った次第です。

 

 





スイカの結実

 
 

今年は生育が例年より遅れ気味の、


我家のスイカですが、


カラスの被害防止のための、


防鳥ネットの中で、


次々と開花、・結実し、肥大中です。



比較的早く開花したものは、


果実の大きさが、


ソフトボール大になってきました。




146_5300.jpg 


146_5305.jpg 


146_5311.jpg 



 

なお、収穫時期を把握するためと、


茂り過ぎの葉の中で


果実を見つけ易いように、


果実の近くに、

目印の棒を立てる事にしました。



 




章姫(イチゴ)の収穫後の植替え



 

我家のイチゴは、ここ数年間、


「章姫」と「とちおとめ」の2種ですが、


例年、収穫した畑地をそのまま放置し、


秋に、発生した小苗を採取して、


育成してきました。


 

しかし、繁殖力の強い「とちおとめ」が増え過ぎ、


年々、「章姫」の苗が減少してきました。


 

それで、「章姫」の親株を別の場所に移植し、


特別に管理して、小苗を育てることにしました。




146_5291.jpg 

146_5292.jpg 

146_5296.jpg 

 

 

なお、順調に行けば、


移植した5株の「章姫」で、


200~300株の小苗が出来るはずです。


 

また、「章姫」を増やすのは、


「とちおとめ」より「章姫」の方が、


一株当たりの収量は少ないですが、


酸味が少なく美味しいからです。

 

 


スタークリムソン(桜桃)の初収穫


 

「スタークリムソン」は、


植付け3年目となり、


同時期に植付けた「月山錦②」に比べ、


樹勢がやや弱いですが、


今年、初収穫を迎えました。



保護袋を被せていた為か、


色付きはあまり良くないですが、


糖度は20以上あり、まずまずです。




146_5277.jpg 


146_5280.jpg 


146_5284.jpg 

 

 

なお、本来、「スタークリムソン」は、


極早生種と言うことで導入しました。

 

しかし、今年の収穫時期は、


「佐藤錦」と同時期であり、


少し期待外れでした。







トウモロコシの花穂


 

4月に種を蒔き、


5
月に定植したトウモロコシですが、


一斉に花穂が伸び始めました。


 

髭状の雌花も伸び始めており、


円錐状の果実も膨らみつつあり、


来月には、収穫可能と思われます。




146_5268.jpg 


146_5270.jpg 

 

146_5271.jpg



146_5274.jpg 

 

 

なお、収穫直前の実を、


カラスに啄ばまれますので、


早速、防鳥用ネットを設置しました。

 




2倍体ブドウの現状


 

我家のブドウは雨除けのため、


既に保護袋で被覆済みですが、


摘果のため、点検したところ、


開花時期の違いにより、


果実の肥大にムラがある事に気付きました。


 

そこで、シベレリン処理を、


再度行う事にしました。


 

    [瀬戸ジャイアンツ]

146_5243.jpg  


146_5245.jpg 
 

 

     [シャインマスカット]

 146_5252.jpg


146_5255.jpg 

 

 

なお、果実の肥大ムラは、


ジベレリン処理の問題だけではなく、


樹勢や病気等の影響もあるような気もしますので、


暫く様子を見る事にしています。

 

 


ゼラニウム




 

殆ど放置状態の、


我家のゼラニウウムですが、


続々と花芽が伸び、


現在、花盛りです。




146_5230.jpg 

146_5231.jpg 

146_5236.jpg 
 

 

 

元々、このゼラニウムは鉢植えで、


軒下に置いていたものですが、


鉢から地面に根を伸ばし、


広い範囲に増殖したものと思います。

 





温州ミカンの現状



 

我家のミカンも、開花後、


約一カ月経過しました。


 

普通種は生理落果の時期も終わり、


多くの幼果が見られるようになりました。


 

今年は、100個前後の、


果実の収穫が見込めそうです


 

    [普通種]

146_5220.jpg 

146_5216.jpg 
 

 

    [早生種]

146_5228.jpg  

 

 

なお、葉が殆ど無かった早生種の方は、


実は全て生理落果し、僅かに三本の枝先に、


小さな新葉が数枚付いている状態です。



今後どうなるのか心配です。

 

 



藤稔(ブドウ)の最終摘果



 

我家の4種のブドウの中で、


蔓の伸び出しが一番遅かった「藤稔」ですが、


開花後約2週間経過した現在では、


果実の大きさが、パチンコ玉位なっています。

 

そこで、最終摘果を行いました。

 

 

 

    [摘果前]

146_5190.jpg  

 

 

    [摘果後]

146_5193.jpg  


146_5203.jpg  

 

 

なお、昨年は一房当たりの果実数を多く残した為、


色々な不都合が生じましたので、


今年は、一房15~20粒程度となるように摘果し、


摘果済みの房から保護袋を被せました。

 

 





ポロタン(栗)の現状



「ポロタン」の雄花は、


最盛期を過ぎようとしており、


既に、雌花の姿も見られます。



146_5164.jpg 

146_5160.jpg 

146_5163.jpg 


 

受粉相手の「白栗」の開花は、


まだ、少し先のようです。


146_5166.jpg 

 

昨年は、相互受粉が成功し、


美味しい栗の実が収穫出来たのですが、


この調子では、受粉が心配です。


 

このため、家の近所に咲いている、


栗の花穂を貰ってこなければ、


と思う次第です。

 






クチナシの花


 

一重咲きのクチナシの花が満開です。



特徴的な花の香りが、


庭内に漂っています。



また、既に果実を

付け始めている枝も見られます。

 


146_5143.jpg 

146_5144.jpg 

146_5145.jpg 

146_5151.jpg 



なお、八重咲きのクチナシは、


まだ、蕾の状態で、


開花は1~2週間後になりそうです。

 





ザクロの開花


 

今年もザクロの花が咲き始めました。


 

うす緑色の葉と、


橙色の花のコントラストが、


美しく感じられます。


 

また、一部、


結実し始めています。



266_0115.jpg 

266_0123.jpg 

146_5132.jpg 

 

 

庭のザクロは殆ど観賞用で、


果実の収穫は、


余り期待していませんでしたが、


昨年あたりから、


結構大きな実が出来るようになりました。


 





リトープスの現状



 

成長速度の遅いリトープですが、


先月に脱皮したと思っていたら、


最近になって、急にキノコのように


上方に伸び出してきました。




146_5120.jpg 
 

146_5126.jpg

 

 146_5122.jpg



 

リトープスは、今の時期に、


急成長するものだと実感した次第です。


 

なお、先日家の近くの植物園へ行った時に、


リトープスを売っていたので、

2鉢新たに購入しました。

 





さおり(桜桃)の収穫


 

佐藤錦に比べ、結実数が少ないため、


放置状態であった「さおり」ですが、


 

今日見ると結構大きな実が、


枝に付いていました。


 

早速、収穫し、重さを計り、


試食しました。



146_5109.jpg 

146_5106.jpg 

146_5119.jpg 


 

「さおり」の味はそれほど、

悪くは無いと感じました。

 

また、余り特徴が無い品種ですので、

他の品種に高接ぎ更新を検討中でしたが、

長野県作出の貴重な品種でもあるので、

計画を当面延期することにしました。

 





今年の月山錦(桜桃)


 

今年の月山錦の結実数は3個で、


果樹袋を掛けて、

保護していましたが、


袋を取り外し点検しました。


 

月山錦②の方は、


殆ど完熟状態ですので、


収穫し、重さを確認しました。

 

 

     [月山錦①]

 146_5099.jpg

 

    [月山錦②]

 146_5103.jpg


 146_5104.jpg  


 

月山錦は、佐藤錦等の他の桜桃に比べ、


極端に受粉率が低く、


一般的な人工授粉では、


結実し難いということを、


実感した次第です。

 

 




スイカの開花


 

5月の連休に苗を植付けたスイカです。


 

今年は生育が少し遅れていましたが、


ようやく蔓が伸長し始めました。


 

それで、追肥を施し、


除草シートを展開しました。




146_5083.jpg 

146_5085.jpg 

146_5084.jpg 

 

 

花が咲き始めていますが、


昨年は、幼果をカラスに突かれたので、


早めに防鳥ネットを、


張らねばと思う次第です。




 

 





ラズベリーの結実


 

我家の2種のラズベリーです。



少し前には、

花が咲き始めたと思っていましたが、


現在は、沢山の果実が結実・肥大し、


色付きつつあります。




146_5067.jpg 

146_5066.jpg 

146_5068.jpg 
 


 

移植2年目ですが、


ラズベリーは繁殖力が旺盛で、


地下茎が伸び、

新鞘があちこちに発生しています。

 

 

 

 




ササユリの開花



 

数年ぶりに、


ササユリの花が咲いています。


 

細い茎の先端に、

大きな花をつけるササユリは、


独特の風情を醸しています。


 

一方、播種後5年、発芽3年目の小苗は、


ようやくスプーン状の一枚葉から、


笹の葉状の葉姿になったところです。




146_5051.jpg 

146_5053.jpg 

146_5057.jpg  



 

今年の花から種子が採れれば、


また、播種から育てたいと、


思っています。

 





貴陽(スモモ)の袋掛け


 

スモモの果実が、


ゴルフボール位の大きさになりました。


 

良く見れば、

果実の表面に傷があるものがあり、


これらを適宜摘果し、


残りの果実に袋を被せました。



146_5028.jpg 

146_5026.jpg   

146_5047.jpg 

 

その結果、10個前後の果実を、


木に残した事になりました。

 

 

このまま、袋内で、


完熟まで育って欲しいものです。



なお、バイオチェリーは袋掛けせず、


現状のままで育てる予定です。

 




佐藤錦の害虫被害


 

我家の桜桃類、特に佐藤錦は、


例年、殆ど農薬を使用せず、


野鳥と降雨に対する対策だけで、


ある程度の収穫量を確保していました。


 

しかし今年は、害虫の被害が甚大で、


毎日50~100個の被害果を取り除いています。


 

収穫直前の今頃になって、


農薬を散布するわけにはいかず、


このままでは、結実果の半数が、


収穫出来れば良い方と思われます。



146_5008.jpg 
 

146_5016.jpg

 

146_5036.jpg

 
146_5043.jpg


来年以降、桜桃の栽培法の変更は必至で、


無農薬を続けるなら、


何方かのブログで述べられているように、


果実に袋掛けをするのも有りかとも思う次第です。


 



プロフィール

tomoki

Author:tomoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC counter
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
FC2拍手ランキング
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
フリーエリア